2017年11月02日

アニマー湯シャンプー、ケアコンディショナー、プラス

犬猫にも人にも安全でやさしい「アニマー湯」シリーズ





さて、いよいよ満を持して「アニマー湯」シリーズをご紹介するときが来ました!


「アニマー湯」はトリマーや獣医師などのプロの方からも高い評価を受け、


ペットオーナーの方にも愛用者が多く、


「ペット温泉」としても聞いたことがあるという方もいらっしゃるでしょう。


「ぺっとに優しい」「デリケートな皮膚に」


そのように書かれた商品はいくらでもあります。


しかし本当にその成分は優しいのでしょうか?


ここからのご紹介には「界面活性剤」という言葉が出てきます。


洗剤や柔軟剤、乳液、化粧品などに配合されているもので、


「本当に肌に優しいのか」を理解するには界面活性剤の基本知識が欠かせません。


「聞いたこともない」


「聞いたことはあるけれど良く分からない」


という方は、以下のリンクをまずはお読みください。


漫画で分かりやすく解説しています。


〈リンク〉解説マンガ「とてもざっくり基本のき 界面活性剤のおはなし」


それでは、どうぞ!




アニマー湯シャンプー



特徴


 アミノ酸系とシルクを主成分とし、デリケートなペットの皮膚・被毛を安全に、やさしく、かつしっかり洗い上げる超低刺激シャンプー。

ペットを洗ってあげると手荒れしてしまうという方もいますが、

それはペット用シャンプーの強すぎる洗浄力にも原因があるかも知れません。

アニマー湯シャンプーは洗う人の手肌にも優しいので、手荒れしやすい方にもおすすめです。



必要のない成分は無添加・無着色・無香料・無公害をコンセプトに、

ノンシリコン、ノンカチオン、高級アルコール系界面活性剤不使用。

安全でやさしいことにこだわりまくって開発されました。

シャンプーが生体に残留しないよう開発されたシャンプーで、泡立ち・泡切れが非常に良好です。

シャンプー時間も短縮でき、ということは生体への負担が軽減できるということ。

保湿成分配合で洗い上りはしっとりです。



内容成分



ラウロイルメチルアラニンナトリウム:アミノ酸系界面活性剤。優しく、洗浄力もある成分です。

ラウロイル加水分解シルクナトリウム:タンパク系の高級界面活性剤。肌、毛へのなじみが良く補修効果があります。

ラウラミドプロピルベタイン:ベタイン系両性界面活性剤。洗浄力は弱めでも低刺激で洗い上りがしっとり。

コカミドDEA:ヤシ油から作られる界面活性剤。泡を安定させる目的で極小量だけ配合されています。

1.3 ブチレングリコール:保水性、抗菌性があり、保湿や製品の防腐に使用されています。

グリチルリチン酸2K:甘草から抽出される成分で、強い消炎作用があります。

ムクロジエキス:ムクロジの果皮から作られる天然の界面活性剤で、洗浄効果、抗菌効果、抗炎症効果があります。

クエン酸:Phを調節するために使用されています。

フェノキシエタノール:防腐・殺菌剤。極限まで配合量を少なくするため、 1.3 ブチレングリコールと組み合わせて配合しています。




アニマー湯ケアコンディショナー



特徴


シャンプーに使用される界面活性剤には「アニオン性(陰イオン)」、「カチオン性(陽イオン)」、「両性界面活性剤」、  「ノニオン性(非イオン)」 があります。

シャンプーには洗浄力に優れたアニオン性界面活性剤が使われることが多いですが、

陰イオンなので被毛がマイナスに帯電し、指通りの悪いギシギシした感触になります。

これを中和するために、コンディショナーにはプラスの電荷、

つまりカチオン性(陽イオン)界面活性剤を使用することが多いです。

しかし、カチオン性界面活性剤は毒性や刺激性が強く、タンパク質を変性させる作用もあります。

アニマー湯ケアコンディショナーはカチオン系界面活性剤を使用せずに電荷を中和。

皮膚と被毛をケアすることに力を注いだコンディショナーです。



内容成分



プロパンジオール:植物由来の保湿剤。グリセリンと相乗効果があります。殺菌力もあり。

グリセリン:保湿効果。

ステアリルアルコール:皮膚や被毛を保護し、なめらかさやツヤを与えます。

ペンチレングリコール:保湿剤。抗菌性があり、製品の防腐としても働きます。

ホホバ種子油:保湿、柔軟作用。皮膚への浸透性が高く、酸化しにくい油です。

ヘキサ(ヒドロキシステアリン酸/ステアリン酸/ロジン酸)ジペンタエリスリチル: 保湿、柔軟作用。皮膚を滑らかにし、被毛にツヤを与え、まとまりを良くします。

セテアラミドエチルジエトニウムサクシノイル加水分解エンドウタンパク:被毛がもつバリア構造(18-MEA)に似た成分。バリア構造を補修し、被毛の水をはじく性質を取り戻し、ダメージから防御します。

PCAオレイン酸グリセリル: カチオン系界面活性剤を使用せずに電荷を中和する成分。帯電防止。

アラキデス-20:乳化剤。

フェノキシエタノール:防腐剤。

ミツロウ:保湿、柔軟作用があり、皮膚を保護します。

トコフェロール:ビタミンE。抗酸化作用作用、血液の循環を良くする作用があります。

トコトリエノール:ビタミンEの一種で、強力な抗酸化作用があります。

パーム油:余分な皮脂や汚れを除去し、油分を補います。

カミツレエキス:抗炎症作用があります。

セイヨウノコギリソウエキス:消炎効果、創傷治癒効果。

カンゾウ根エキス:抗炎症作用

BG:保湿剤

クエン酸:ph調節

ニオイテンジクアオイ油:ゼラニウムとしても知られています。抗炎症作用、皮脂バランスの調整、抗菌作用、芳香。

ニュウコウジュ油:フランキンセンスとしても知られています。殺菌作用、収斂作用、芳香。

ラベンダー油:抗炎症作用、抗菌作用、芳香。

オレンジ油:殺菌作用、皮脂分解作用、芳香。






アニマー湯プラス(ペット入浴剤)



特徴



温泉、気持ちいいですよね。

次第に寒くなってきましたし、そろそろ今年の疲れを温泉でゆっくり癒したい…なんて気持ちにもなってくる時期です。

愛犬と一緒に温泉が楽しめたらどんなにいいでしょう。



こちらは、なんと犬も、あの別府温泉が楽しめる入浴剤です!!

主成分の温泉成分はもちろん、甘草(カンゾウ)、醋柳(サクリュウ)、人参、プロポリスが配合され、皮膚と被毛を健やかに保ちます。

生体に有害な化学物質は無使用です。

香りは、「おお、温泉!」という香りで

使う人の気持ちも上がります。

このほのかな硫黄の香り、好む犬は多いみたいですね。

それではさっそく入ってみましょう。



蓮「くんくん。あたしの大好物のゆでたまごみたいなニオイ…」





ちゃぽん…

蓮「どれ、よっこいしょっと。」






蓮「お、おーっこれは…じわじわ温まるう~キモチイイ~♨」



すっかり気に入ったようです。

バスタブからしばらく出てきませんでした(笑)


温泉の入浴効果と自然な洗浄効果、殺菌、消炎効果、皮膚や被毛の栄養補給で、体中を健やかに保つ入浴剤で、

トリマー、獣医師などプロの方から愛犬家まで広く評価されています。




内容成分



温泉成分

甘草(カンゾウ):グリチルリチンが含まれ、消炎作用があります。

醋柳(サクリュウ):豊富なビタミンCを含んでいます

人参:滋養強壮、体を温め新陳代謝や血行を良くします。

プロポリス:抗菌作用、抗ウイルス作用、抗炎症作用、抗酸化作用などがあり、天然の抗生物質として古くから知られています。








その後の蓮…

アニマー湯での温泉入浴がすっかり気に入ったようで、

バスタブを置いておくと勝手に入ってしまうようになりました(;^ω^)





蓮(次のお風呂はいつかな~♪)











posted by ataraxialive at 18:34| Comment(0) | グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。